【公開シンポジウム】


東郷町施設サービス株式会社

アーカイブティップス株式会社

日本サイクス有限会社

日本キスラー株式会社

アークレイマーケティング株式会社

エスアンドシー株式会社

有限会社エスアンドエムイー

株式会社ロジカルプロダクト

合同会社ワイワイファクトリー

特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会

特定非営利活動法人 NSCAジャパン

有限会社アルコシステム

株式会社杏林書院

株式会社大修館書店

京王観光株式会社

日本光電工業株式会社

株式会社ディケイエイチ

竹井機器工業株式会社

株式会社八神製作所

大塚製薬株式会社

~ さらなるスピード改善(タイム短縮)のアプローチ ~

 

  協賛 日本スポーツ体育健康科学学術連合

 

 

 

※こちらの【公開シンポジウム】は一般の方も無料でご参加いただけます。4号館1F 学会受付にてお待ちしております。(会場案内図はこちら

 

日時 28日(13:45-15:25) 

場所 3号館大講義室

 

座長 柳谷登志雄(順天堂大学)

演者 松尾彰文(鹿屋体育大学)

   内藤景(福井工業大学)

   大塚光雄(立命館大学)

   大沼勇人(国立スポーツ科学センター)

 

 

 近年、日本の陸上短距離選手の活躍は目覚しく、その背景にスプリントやスピードとそのトレーニング、サポート法に関する科学的理解が進んだことが挙げられる。本シンポジウムでは、日本人選手を対象に短距離走競技の科学的研究が20年間でどう進展したかを踏まえ、さらにスピード改善(タイム短縮)の可能性を探る様々な取り組みを紹介し議論する。陸上競技以外の競技種目においてもスピード強化に参考になる内容である。